フラット35金利シュミレーションでおすすめは?

フラット35のホームページへアクセスすると、「ローンシュミレーション」もコーナーがあります。
ここでは「借入希望額から返済額を計算」「毎月の返済額から借入可能額を計算」「年収から借入可能額を計算」などの借入額の計算や、利用希望者が借入可能かを診断する「【フラット35】らくらく診断」、フラット35(買取型)、フラット35(保証型)、フラット50などの返済方法を比較する「返済プラン比較シュミレーション」、住宅資金だけでなく子供の教育資金や老後の生活資金までをシュミレーションする「資金計画シュミレーション」、将来の金利を自分で設定して金利変動と自分の家計の許容範囲を計算する「借り換えシュミレーション」など多様なシュミレーションが可能です。
フラット35が向いている人は?こんな人におすすめ! 【得するタイプ】