住宅ローン減税手続き方法は?

ここ数年、住宅ローン減税政策のおかげで、住宅の需要が伸びています。実際、今住んでいる田舎の地域でも新しく家を探そうとしても、なかなか家が見つからない状況が続いてます。ご近所さんも家さがしで非常に苦労しています。それだけ重要があるということです。住宅ローン減税は、初回は地元の税務署で確定申告をしますが、二回目以降は年末調整で手続きがとれます。最高20万円が限度で年間支払った所得税が12月分の給料に合算で還付されます。20万円も所得税を支払っている家庭はあまりいないので、だいたい7~10万円が給料に上乗せされます。頭金さえあれば、住宅を購入したほうが民間の家賃並の支払ですみます。そういったで、この政策は普通の人にも住宅を変えるチャンスを与えてくれてます。この価値のある政策も、国の財政の状況から縮小気味になってきています。消費税増税やあべのミクスのまやかしの景気や減税処置の縮小のなか、国民の為にまだ続けてほしいと願っています。