映画「カジノ」ネタバレなら

カジノは、1995年に発表されたアメリカ映画。
監督はマーティン・スコセッシ、主演はロバート・デニーロで、天才賭博師を通じてマフィアの支配下にあった1970年代のラスベガスを舞台としたものです。
実在の話をもとにしており、主人公であるエースも実在の人物とされています。
ネタバレですが、モデルとなった人物はフランク・レフティー・ローゼンタールという人で、当時、ラスベガスの北ストリップ地区にあったカジノ「スターダスト」に勤めており、自室的なボス、契約上は雇われ社長として、取り仕切っていました。
映画では、この順風満帆な彼の人生が、金の亡者であるジンジャー(同様に実在の人物)という女性と結婚したことにより予期せぬ方向へ転がってゆくことになります。
つまり、エースがジンジャーに振り回される映画で、それがもとでマフィアの抗争に巻き込まれてゆくというものです。
アクションあり、喜劇ありの内容となっており楽しんでみることができます。
なお、ネタバレになりますが、映画では最後の抗争でエースは生き延び、一から出直すというオチになっています。