住宅ローン申込なら

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様審査が少し変わっています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】